アクアパッツァ

世界の料理めぐり イタリア

オリンピックの年を迎えました。
楽しく作って美味しく食べようクッキングも今年は、フランス・イタリア・スペイン・タイ・韓国と世界の料理めぐりをしたいと思います。旅して味わった料理をひろみ流にアレンジしてご紹介します。

今回は魚を煮込んだイタリアのスープ料理「アクアパッツァ」をご紹介します。シチリア島で何気なく入った店で食べた素朴な魚の料理アクアパッツァの味が忘れがたく鱸やたらなどの白身魚を使ってたびたび作ります。魚の旨みを引き出すにはまるごと一匹で作るのが一番ですが切り身魚でも充分美味しく仕上がります。雛祭りのお祝いの日に蛤のお吸い物の代わりに作ってはいかがでしょうか。

◯アクアパッツァ
【材料(2人分)】
鯛(鍋に合わせて)1尾
蛤 4個
あさり 8個
ミニトマト 8個
オリーブ 8個
ニンニク 1片
オリーブ油 大匙1
イタリアンパセリ 少々
☆白ワイン 100ml
☆水  800ml
☆コンソメスープの素 2個
塩・こしょう 適宜

【作り方】
①鯛はうろことはらわたを除いて塩・こしょうをふる。
②はまぐりとあさりは殻を良く洗う。あさりはこすり合わせるようにして洗う。
③鍋にオリーブ油大匙1を入れて熱し、つぶしたニンニクを入れて香りを立たせる。
④①の鯛を片面から入れて色づくまで焼き、返して裏面も焼く。
⑤ミニトマトとオリーブを加え入れ、☆印の材料を入れて中火よりやや弱火にしてアクを除きながら15分煮る。
⑥さらに②の貝類を加え入れ、貝が開くまで15分程煮る。
⑦深めの皿に盛り、荒く刻んだイタリアンパセリを散らす。